アジアン雑貨の卸問屋について


 

2014/10/1 更新

アジアン雑貨の卸問屋について

アジアン雑貨はその独特のデザインや色使い、風合いなどから人々を魅了させる素敵な雑貨です。
そんなアジアン雑貨の魅力に惹かれて自らアジアン雑貨屋を開店させてみたいと思われる方も多いでしょう。

アジアン雑貨は種類が豊富で細々とした雑貨や大きい雑貨と色々なものがあります。
アジアン雑貨屋を開店させるにあたって一番重要なことは商品の仕入れになってきます。
ここで現地で商品の仕入れ先を探そうとする場合、資本や時間がたっぷりとある場合でしたら現地のアジアン雑貨メーカーから探すのも良いかも知れませんが、初めて自分で開店するのだとしたら注文もあまり大きなロットで発注することは難しいですので、現地の問屋を探すか日本で輸入をしている卸問屋を探すのが望ましいでしょう。

 

アジアン雑貨の卸問屋のメリットとデメリット

アジアン雑貨を現地の問屋から仕入れる場合と日本の卸問屋から仕入れる場合はそれぞれメリットとデメリットがあります。

現地の問屋の場合でしたら仕入れのコストが大幅に抑えられます。
しかし輸入の手続きや関税運賃など費用と手間がかかります。
また品質の面で質の悪い商品が輸入されることもあるので、それを防ぐために品質管理の能力が必要になってきます。

日本の卸問屋からアジアン雑貨を仕入れる場合でしたら、現地に行って商品を探しに行くコストと手間が省けます。
また日本で自分が納得のいく商品を目で見て確かめて仕入れることが出来ます。
しかし仕入れ値は現地でアジアン雑貨を輸入する時よりも割高になるし、そこの卸問屋が取り扱う商品しか仕入れが出来ないということから選択の幅は狭まるかも知れません。
アジアン雑貨を取り扱う日本の卸問屋の場合は上代価格や仕入れ値は決まっていたり、支払方法や返品の処理などについても分かりやすくなっていますので、良い商品を良い条件で仕入れることが可能になってきます。
またインターネット上の卸問屋からアジアン雑貨を仕入れることも出来るので、いくつもお店をまわる手間が省けるという利点があります。
アジアン雑貨は細々としたものからかなりの種類がありますので、現地で選んで買い付けをするという時間がとれない人でしたらとても便利な方法になります。

またアジアン雑貨の輸入代行を行っているところもあり、関税などの手続きなどをお任せして輸入を行ってくれるので安心して仕入れが出来ます。
輸入代行を利用することによって、最初にビジネスでかかる労力やコストを抑えることが出来ますので、仕入れで利用することも良いかも知れません。

check