機能的な食器棚が種類豊富になっている今、どんなものが最適か?


 

最終更新日:2014/10/1

機能的な食器棚について

現代、台所、またはキッチンには食器棚が必須だ。
食器棚がない家庭などまずないだろう。

そもそも初期のころの食器棚というのは、ただ食器を飾っておきたいという目的のものが多かったため、本棚のような形であった。
これでは当然必要なものを必要なときに取り出すのに苦労するだろうし、なによりより多くのものを収納することはできなかっただろう。
このように昔の食器棚は機能的な面はなく観賞するための収納箱として機能していたのである。

ところが現在は先程述べたように1家に1つと言っていいほど食器棚は普及してきている。
さらに目的も観賞用から今では普通の使って洗浄した食器を次に使用するためにしまっておくための収納箱として、となってきている。
そのため市場側はお客に買ってもらうよう様々な便利な、工夫を施した機能的な食器棚を売り出すようになってきている。
以下に示すところは一般的に機能性を調べるために重視することであろう。

機能的な食器棚のポイント1

機能的な食器棚としては第一に広い収納スペースが必要だろう。
多くの種類のものを少しでも多く入れれる食器棚のほうが機能的であるからだ。
さらに、多くのものを収納できたとしても整然としていなければ取り出すときに苦労して機能的ではないだろう。

機能的な食器棚のポイント2

そのために二つめに必要なことは分別のできる食器棚であることが必要である。
例えばよく使うお皿類は一箇所に固めておけたり、フォーク、スプーンなどは別の収納スペースがあったりと食器の機能によって収納できるものがよいだろう。


機能的な食器棚のポイント3

3つめとしてはやはり食器棚本体の大きさである。
いくら収納スペースが広くて、仕分けるのが容易であってもキッチンに置くのが邪魔になるのであったら本末転倒である。

しかし収納スペースを大きくしようと思うと必然的に食器棚自身も大きくなってしまう。
そのためお客のニーズにあわせて最適なバランスを見つけるのも機能的な食器棚にするために重要なことである。

最後に耐震性も優れていたらよりいいだろう。
近年この日本含む世界各地で巨大地震が頻発しているので防災用品で地震対策をするようにしよう。
食器は割れやすいものである事が多い。
そのため地震の影響で食器棚が倒れ、中の食器がすべて割れてしまった、なんてことはよくあるだろう。
そのために、地震に対して何かしらの対策をとっている食器棚に対しても機能的であるいえるだろう。

他にも個々人で食器棚に求める事は様々である。
全てを取り入れた食器棚など不可能であるし、それ相応の欠点も発生するだろう。
そのバランスを生かせたとき、機能的な食器棚というものはできあがるだろう。